1. HOME
  2. 作品情報
  3. メロンブックス企画コンピレーションアルバム「東方 玉手箱」作品詳細。(楽曲提供しました)
作品情報

メロンブックス企画コンピレーションアルバム「東方 玉手箱」作品詳細。(楽曲提供しました)

 最終更新日: 2020.08.1 

作品情報

84

東方アレンジCD東方玉手箱のジャケット画像

DISC1の3曲目「鬼ノ頚」を提供しました。

 

原曲:華のさかづき大江山

編曲/作詞:龍5150

歌:みーや & 龍5150

 

今回のコンピは昔話をテーマにしたものだったので、元ネタである大江山の鬼伝説をテーマにして制作しました。

日本の昔話に詳しくなかったのでこの制作のために色々読んだりしました。

図書館のサイトで絵巻とか見れる事を今回始めて知りました。

提供曲の内容について

コンセプト物らしく押しと引きを意識した作りになっており、頑張った構造のつもりです。

歌に関してはみーやさんには通常の歌ものパートを担当してもらい、僕がグロウルとあと東方デスロードで披露したようなメタメタ声でのハイトーンパートを担当しました。

みーやさんが人間、僕が鬼、みたいな感じです。

あと編曲についてはヘヴィなギターとジャキジャキなギターをどうやって組み合わせようかなぁ?というのを最近は考えておりまして、この曲ではその成果を披露してます。

この組み合わせは音域的には相性が良いのですがプレイも機材チョイスも結構気を使わないと嘘くさくなるので難しかったです。

EDMの要素が強めの展開もあったりで、何種か出てくるリフは全部お気に入りです。

特設サイトのサンプルではサビをちょっとしか聴けないのでアレなのですが、CDをゲットしてフルで聴いてくれたら嬉しいな。

東方 玉手箱 作品情報の詳細

DISC1

01 妖々跋扈 – Two-Faced

サークル:PHOENIX Project
原曲:妖々跋扈

02 Good night my Loneliness

サークル:
原曲:運河を行き交う人妖
編曲:IRON-CHINO  歌:歌:まいなすいょん

03 鬼ノ頚

サークル:5150
原曲:華のさかづき大江山
編曲:龍5150  歌:みーや、龍5150

04 いばら姫

サークル:ナイフ
原曲:童祭

05 ヒミツのトビラ

サークル:TUMENECO
原曲:魔術師メリー

06 Sky dust

サークル:イノライ
原曲:感情の摩天楼

07 過去⇔現在 私がここにいる理由

サークル:Pizuya’s Cell
原曲:上海紅茶館

08 Sleeping Flower

サークル:少女理論観測所
原曲:眠れる恐怖

09 無音の美

サークル:豚乙女
原曲:お宇佐さまの素い幡
編曲:コンプ  歌:ランコ

10 空舞う八咫の烏

サークル:SYNC.ART’S.
原曲:空舞う八咫の

DISC2

01 いにしえの回想録

サークル:TAMUSIC
原曲:砕月

02 Slide

サークル:DiGiTAL WiNG
原曲:上海紅茶館

03 逆月

サークル:EastNewSound
原曲:砕月

04 Storyteller

サークル:ZYTOKINE
原曲:芥川龍之介の河童

05 ancient future

サークル:Silver Forest
原曲:地蔵だけが知る哀嘆

06 近未来シンデレラ

サークル:フーリンキャットマーク
原曲:U.N.オーエンは彼女なのか?

07 秘密の館

サークル:少女フラクタル
原曲:遠野幻想物語
編曲:SHiN  歌:天宮みや、姫城碧海

08 最後の忠誠を

サークル:幽閉サテライト
原曲:メイドと血の懐中時計
編曲:SHiN  歌:Marcia

09 御伽ノ詠

サークル:森羅万象
原曲:魔界都市エソテリア

10 つまらないお話

サークル:RD-Sounds(凋叶棕)
原曲:夜が降りてくる / 少女幻葬 ~ Necro Fantasy / ネクロファンタジア / 憑坐は夢と現の間に ~ Necro-Fantasia

SPECIAL DISC

01 higher than the sun

サークル:ピズニアン
原曲:天狗が見ている

02 Reverse Song

サークル:イノライ
原曲:不可能弾幕には反則を

発売日は5月2日です

コミケ合わせの企画だったのですがコミケが中止になった事によって販売はメロンブックスでのみになります。

通常版と限定版とがあるので、是非チェックして下さい。

Spotify

龍5150のホームページ。
作曲や演奏、歌、あとwebの事やデザインなどを営んでいます。
現在は音楽サークルの5150、バンドのJORMUNGANDで活動中。
音楽制作は個人、法人問わず引き受けておりますので興味がある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

このサイトではブログを中心に作品情報の他、役に立ったり役に立たなかったりする情報を発信しています。

タグクラウド

サウンドハウス